MENU

愛人契約専門サイトが存在しないことを知り、私は迷っていました。このまま愛人探しを諦めて困窮した生活を続けると決断するべきなのか。それとも何が何でもお金持ちの男性と出会える方法を見つけるのか。あてにしていたサイトが存在しないというダメージは非常に大きかったです。しかしここで諦めたら女が廃る!!そう自分を奮い立たせ愛人探しを続けることにしました。

 

そこで私が目を付けたのは「フェイスブック」です。そもそも法律に違反しているかどうかも分からないサイトを使うよりも、何万人何千人が毎日利用しているフェイスブックの方がより多くの男性を知り合えると思ったからです。実際に使ってみた結果、それはそれは数多くの男性と知り合う事が出来ました。

 

しかし私を愛人にしてくれる男性はひとりもいませんでした。考えてみれば当然の事なんですが、そもそもフェイスブックの知り合いなんてものはネット上の繋がりでしかありません。それにいくら私が愛人を希望していたとしても、相手の男性がそうである可能性はとても低いので希望がマッチする確率はかなり低いというのが現実です。また基本的にフェイスブックは本名でアカウントを取得するので、愛人を探しているなんて大きな声では言えません。もしかしたらお店の後輩が見ているかもしれないし、実際の知り合いにばれたらそれほど恥ずかしい事はありません。恐らく男性側も同じことを考えているんでしょう。ですので相手お金持ちであっても愛人契約の話なんて一切することは出来ません。

 

フェイスブックで愛人探しをするのは非常に困難です。数多くの男性を知り合えたとしてもそれは単なるお友達。それ以上に発展することなんてないのかもしれませんね。