MENU

自分が嫌で嫌で仕方ありません。使命をたくさん貰っていたことに驕りせっかくの愛人契約の申し出を断ったこと。本当に後悔しています。今となってはインターネットですらお金持ちの男性と知り合えないんですから、自分の事が情けなく思えてきます。もう愛人探しなんて止めてしまおうか。その方が楽なのではないか。そう思い始めていました。

 

そんなある日、親友と久々のランチをしに行きました。何だか気が滅入っていたので良い気晴らしになるんじゃないかと思い、私から「久々に会おうよ」と誘い出したんです。その子は大学時代からの親友で香里という証券会社で働いているOLです。ホステスをやっている私とは正反対の優等生です。似たところが全くないというのが仲良しでいられる秘訣なのかもしれませんね。

 

その日香里とは色々な話をしました。昔話をしたり恋愛の話をしたり、まあいわゆる女子会みたいなものですね。そんな中ひょんなことで話題は私の私生活についてに移りました。私は香里なら良いかと思い、生活に困窮していることや愛人探しに失敗していることを打ち明けたんです。

 

すると驚いたことに香里がこんな事を言いだしたんです。「愛人探すなら出会いサイトを使えばいいじゃん!私もこの前出会いサイトで会社経営している男の人知り合ったよ。そんで今は愛人になっちゃった(笑)」

 

正直驚きました。香里は証券会社で働いている優等生。しかもつい数年前エリート証券マンと結婚寸前までの良い仲になっていたんです。残念なことに相手の浮気が発覚して破談となってしまったんですが、決して愛人になるような人間ではないんです。それが出会いサイトでお金持ちと知り合い愛人になっていたなんて…。ですがこれは紛れもない事実で、今は会社経営の男性に養ってもらい、エリート証券マンと結婚するよりも裕福な暮らしをしているそうです。

 

いずれにしても愛人契約をしてくれる男性と知り合うためには、出会いサイトを利用するのが一番だという事が分かりました。